ひとは情熱がなければ生きていけない‐勇気凛凛ルリの色(浅田 次郎)


[内容紹介]
いつかきっとと熱望しながら回り道をして小説家になった著者。遊びも仕事も生活も、当代のベストセラー作家は何を指針に生きてきたのか?ダンディズムの父、映画女優のような母が教えてくれたこと。後輩たちに伝えておきたいこと。痛快エッセイ“勇気凛凛ルリの色”シリーズに連なる、浅田ファン必読の書。
*裏表紙の紹介文を掲載しています*
:本の表紙の画像をクリックすると商品ページへ移ります

ネットショップへのリンク

コメントをどうぞ

名前も記入してください

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。